形状記憶繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

形状記憶繊維(けいじょうきおくせんい)とは、折り目や縮れなどの変化を与えても、水につけて乾かすなどの操作で元に記憶させた形状に戻るよう加工された繊維ワイシャツなどに用いられる。この加工を受けた衣類は洗濯・洗浄後、乾燥させると皺が伸びてなくなり、アイロン掛けが不要になる。

このような加工は「形態安定加工」と呼ばれる。セルロースポリエステルアンモニアホルムアルデヒドなどで処理し、ポリマー間の架橋反応により構造を安定化させる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 形態安定加工 - 代表的な特許 - 特許庁資料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]