張律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

張律チャン・リュル、日本語読み: ちょうりつ、中国語: 张律、朝鮮語: 장률、1962年5月30日 -)は、中国吉林省延吉市出身の映画監督朝鮮族3世。

経歴[編集]

延辺大学を卒業し、同大学の中国語中国文学科教授となる。韓国在住。[1]

主な監督作品[編集]

  • 11歳/11세/11岁(2001年)
  • 唐詩/당시/唐诗(2003年)
  • キムチを売る女/망종/芒种(2005年)
  • 事実/사실/事实(2006)
  • 重慶/중경/重庆(2007年)
  • 境界/경계/边界(2007年)
  • イリ/이리/裡里/(2008)
  • 豆満江/두만강/图们江(2009年)
  • 風景/풍경/风景 (2013)
  • 慶州/경주/庆州(2014年)
  • フィルム時代の愛/필름시대사랑/胶片时代的爱情(2015年)
  • 春夢/춘몽/春梦(2016年)
  • 群山/군산/群山(2018年)[2]
  • 福岡/후쿠오카/福岡(2020年)
  • 柳川/야나가와/漫長的告白(2021年)

脚注[編集]

  1. ^ 장률 (Lu Zhang)”. 씨네21. 2019年2月9日閲覧。
  2. ^ 영화 ‘군산’ 조선족과 재일교포…그들을 보는 한국인의 이중적 시선”. 경향신문. 2019年2月9日閲覧。