広明 (大理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広明(こうめい)は、中国大理国段素英の時代に使用された元号

986年 - 年代不詳。

広明の後の年号は史書によって異同がある。『南詔野史』では、素英が雍熙2年に即位し、翌年に広明に改元。以後の改元は明応、明聖、明統、明治だったとしている[1]。 『雲南志略』では、広明からは明応、明聖、明治、明統となっている[2]。 『滇載記』では、素英の改元は5回あり、広明、明応、明聖、明徳、明治、明統としている[3]


脚注[編集]

  1. ^ 楊慎 s:zh:南詔野史 「素英,宋太祖乙酉雍煕二年即位。明年,改元廣明,又改元明應、明聖、明統、明治。」
  2. ^ s:zh:雲南志略 「子(乘)〔素〕英立。改元廣明,又改(白)〔曰〕明應、明聖、〔明〕治、明統。在位二十五年。」
  3. ^ s:zh:滇載記 「素英以宋太祖雍熙二年立,改元五,曰廣明、明應、明聖、明德、明治。死偽諡昭明,傳於素廉。」

参考文献[編集]

  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目[編集]


前の元号:
明政
大理の元号 次の元号:
明応