広島中央卸売市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

広島市中央卸売市場(ひろしましちゅうおうおろしうりしじょう)は、広島県広島市が運営する中央卸売市場である。 同市西区草津港青果物水産物花卉(かき)を取扱う中央市場食肉を取扱う食肉市場安芸区船越南に青果物を取扱う東部市場から構成される。 隣接している中央市場と食肉市場を合わせた敷地面積296,277平方メートルは、東京都中央卸売市場大田市場に次ぐ全国で2番目の敷地面積である[1]

沿革[編集]

  • 1914年(大正3年)1月 - 市営家畜市場、広島市福島町(現在の西区福島町2丁目)に開場。
  • 1949年(昭和24年)10月10日 - 広島市中央市場、広島市水主町(現在の中区加古町)の原爆投下によって壊滅した県庁および県立病院の跡地に開場。
  • 1960年(昭和35年)6月1日 - 広島市食肉中央卸売市場開場。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 広島市中央卸売市場業務条例の改正により、それぞれ広島市中央卸売市場中央市場広島市中央卸売市場食肉市場に名称変更
  • 1974年(昭和49年)3月18日 - 広島市中央卸売市場東部市場開場
  • 1981年(昭和56年)10月12日 - 中央市場が現在地に移転。[2]
  • 1992年(平成4年)4月20日 - 食肉市場が現在地に移転。[3]

再整備計画[編集]

中央市場は、1981年の移転開場から 35年以上が経過しており、施設の老朽化や耐震性に課題を抱えており、複数の再整備案を策定し比較検討を行い、再整備の方向性を決定することとしている[4]

市場[編集]

  • 中央市場 - 広島県広島市西区草津港1丁目8番1号
  • 食肉市場 - 広島県広島市西区草津港1丁目11番1号
  • 東部市場 - 広島県広島市安芸区船越南5丁目1番1号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンビニエンスストアで初めて卸売市場内へ出店 「ファミリーマート広島中央市場店」開店(株式会社ファミリーマート 2005年10月26日ニュースリリース)
  2. ^ 跡地には1985年(昭和60年)10月12日広島厚生年金会館(現在の広島市文化交流会館)が開館。
  3. ^ 跡地には広島市西区地域福祉センターが開館。
  4. ^ 【公募型プロポーザル】広島市中央卸売市場中央市場再整備案策定業務(広島市経済観光局)

外部リンク[編集]