平沢嘉太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平沢 嘉太郎(ひらさわ かたろう、1864年元治元年3月14日 - 1932年昭和7年6月1日)は、日本実業家。材木商、加賀銀行取締役。石川郡田井村(のちの崎浦村、現在の金沢市)出身[1]

鈴木幸作の三男として生まれるが、平澤家の養子となる。1886年(明治19年)家督を継ぎ、日本各地の林業を見聞。新しい機材を導入し、材木商として事業を拡大させる。一時は現金沢駅に隣接した土地に大きな敷地と製材所を持っていた。

1924年大正13年)金沢で地元の資本を集めて浅野川電気鉄道(現在の北陸鉄道浅野川線)を開業させ、1925年(大正14年)には個人事業として粟崎遊園を開園させる[1]

1932年(昭和7年)動脈硬化の療養中に亡くなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 平沢嘉太郎の碑・粟ヶ崎遊園本館ゲート跡”. うちなだ・きてみてねっと - 内灘町商工会. 2013年6月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 図説 石川県の歴史(図説 日本の歴史17) 編集 高澤裕一 発行 河出書房新社 1988 p.272-273「北陸の宝塚」
  • 石川県の歴史(県史17)著者 高澤裕一・河村好光・東四柳史明・本康宏史・橋本哲哉 発行 山川出版社 2000 p.289「北陸の宝塚」
  • 『人事興信録. 第8版(昭和3年)』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)