平山陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平山 陽(ひらやま あきら、1974年7月24日 - )は、日本のテレビディレクター茨城県鹿嶋市出身。妻は元女子プロレスラーでI&Iファクトリー所属の女優・演劇集団「水色革命」主宰でもあるMARU

人物[編集]

1990年代、格闘技専門チャンネルのFIGHTING TV サムライにおいて、プロレス格闘技を中心に番組つくりを行う。日本キックボクシング連盟の中継内で当時のライト級王者・小野瀬邦英を司会に起用したコーナー「小野瀬の部屋」を企画し、キックボクシングファン以外の視聴者を取り込む事に成功。日本キックボクシング連盟のメディア開発プロデューサーに就任する。

2000年に入ると、アニメ、ショッピング、旅など多ジャンルの番組制作に挑戦し始め幅を広げる。

2004年にBS日テレぐるり日本鉄道の旅』で全国のローカル線を巡ったのをきっかけに旅番組のジャンルに深く関与し始める。2005年には同じくBS日テレ『島旅』で今の離島の姿を描き出す。この番組で出会った俳優・真夏竜と文化伝承活動を開始する。

2005年には映像制作会社・有限会社I&Iファクトリーを設立する。

2006年、鉄道写真家・坪内政美を起用し、旅チャンネル『青春18きっぷ』シリーズを手掛けている。

香川県高松市の鉄道会社・高松琴平電気鉄道のオフィシャルDVD『セピアの響』をプロデュース。同時に、自社製作の番組として『ことでん日和』を作り、MONDO21で放送する。

同年10月TBS発売の亀田興毅DVD「亀田興毅伝説!! 〜浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章〜」に構成作家として参加。

2007年は自社内に文化伝承・声劇『真夏座』を旗揚げし、俳優・真夏竜を座長に活動を開始する。10月には長野県波田町11月には新宿でそれぞれイベントをプロデュースする

2008年には自身のプロデュースで真夏座をグループ化し藍とも子三田美枝子MARU斎藤啓子伊藤幸雄とメンバーが増えていった。

CSファミリー劇場とのパイプを作り真夏座と『ウルトラマンレオ』を融合させたイベントを実現させ、番組として放送する。

2009年3月にはテレビ東京の『日経スペシャル ガイアの夜明け』のディレクターとして香港へ。

5月にはかつてのスーパーヒーロー達を集結させた「スーパーヒーロー同窓会」をプロデュース。ファミリー劇場で放送となる。 メンバーは『人造人間キカイダー』、『イナズマン』の伴大介、『秘密戦隊ゴレンジャー』の明日香健二(ミドレンジャー)の伊藤幸雄、『仮面ライダースーパー1』の高杉俊介、『魔法戦隊マジレンジャー』の小津芳香(マジピンク)の別府あゆみ、そして、往年の特撮女優・牧れいや、『仮面ライダーV3』の風見志郎(仮面ライダーV3)などで知られる宮内洋も会場に駆けつけた。ビデオレター出演で『仮面ライダーV3』の珠純子役で知られる小野ひずるも出演。イベントと番組という形での実現。

真夏座とは7月24日をもって別々の道を歩み始めたと公式ホームページ上で発表となる。

10月26日西日暮里に「戸野廣浩司記念劇場」をオープンさせる。 戸野広浩司とは、演劇に全てをかけ志半ばで逝った俳優。その思いを現代の演劇人に伝えるべく象徴として劇場の冠に使用したとの事。平山は名前を頂くために彼の故郷である広島に向かいご遺族の了解を得たとの事である。

この劇場についてはインターネットサイトである上野経済新聞に掲載された為、Yahoo!の芸能ニュースなどでも扱われた[1]

脚注[編集]

  1. ^ [1]