平山秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平山 秀雄(ひらやま ひでお、Hideo Hirayama 1873年1月19日 - 1852年6月4日)は、香川県出身の実業家レッテルの開祖 平山秀山堂代表取締役。全国正札・レッテル組合連合会会長

来歴[編集]

  • 父、平山善十郎(次男)の二男。長兄であった巻太郎死去のため5代当主となる。少年期香川塾で漢学を習う。1896年シタダシレッテルの製造販売を始める。「シタダシレッテル」は、正札(値札)のことで、はじめは切手のように裏にアラビア糊がついていて、舌で舐めて貼り付けるタイプだった。全国や海外にも出荷した。1941年全国正札・レッテル組合連合会会長。1942年平山秀山堂を創立。印刷工場は、池の端2丁目の根津よりの不忍通り沿いにあった。享年80。号、翠竹。

墓は、谷中霊園甲8号11側。「平山家之墓」。「顕徳院秀山道叡大居士」。横書きの顕彰碑がある。

家族・親族[編集]

出典[編集]

  • 谷中墓地

http://www17.ocn.ne.jp/~ya-na-ka/hirayamaHideo.htm