平仮名 (Unicodeのブロック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平仮名
Hiragana
範囲 U+3040..U+309F
(96 個の符号位置)
基本多言語面
用字英語版 平仮名(89文字)
Common(2文字)
Inherited(2文字)
主な言語・文字体系 日本語
割当済 93 個の符号位置
未使用 3 個の保留
元となった標準規格 JIS X 0208
Unicodeのバージョン履歴
1.0.0 90 (+90)
3.2 93 (+3)
備考: [1][2]
テンプレートを表示

平仮名(ひらがな、英語: Hiragana)は、Unicodeブロックの一つであり、日本語に用いられる平仮名が収録されている。

平仮名 (Hiragana[1][2])
Official Unicode Consortium code chart (PDF)
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+304x
U+305x
U+306x
U+307x
U+308x
U+309x
備考
1.^Unicode バージョン 10.0 現在
2.^灰色のエリアはコードポイントが割り当てられていないことを示す。

履歴[編集]

以下の表に挙げられているUnicode関連のドキュメントには、このブロックの特定の文字を定義する目的とプロセスが記録されている。

バージョン コードポイント[lower-alpha 1] 文字数 L2 ID WG2 ID ドキュメント
1.0.0 U+3041..3094, 3099..309E 90 (to be determined)
3.2 U+3095..3096, 309F 3 L2/99-238 Consolidated document containing 6 Japanese proposals, (1999-07-15) 
N2092 Addition of forty eight characters, (1999-09-13) 
L2/99-365 Moore, Lisa (1999-11-23), Comments on JCS Proposals 
L2/00-024 Shibano, Kohji (2000-01-31), JCS proposal revised 
L2/99-260R Moore, Lisa (2000-02-07), Minutes of the UTC/L2 meeting in Mission Viejo, October 26-28, 1999 
L2/00-098 N2195 Rationale for non-Kanji characters proposed by JCS committee, (2000-03-15) 
L2/00-297 N2257 Sato, T. K. (2000-09-04), JIS X 0213 symbols part-1 
L2/00-298 N2258 Sato, T. K. (2000-09-04), JIS X 9213 symbols part-2 
L2/00-342 N2278 Sato, T. K.; Everson, Michael; Whistler, Ken; Freytag, Asmus (2000-09-20), Ad hoc Report on Japan feedback N2257 and N2258 
L2/01-114 N2328 Summary of Voting on SC 2 N 3503, ISO/IEC 10646-1: 2000/PDAM 1, (2001-03-09) 
  1. ^ 提案されたコードポイントと文字の名前は、最終決定と異なる場合がある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Unicode character database”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ Enumerated Versions of The Unicode Standard”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。