市川團蔵 (9代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くだいめ いちかわ だんぞう
九代目 市川 團蔵
屋号 三河屋
定紋 縦長三升 Tatenaga Mimasu inverted.jpg
生年月日 (1951-05-29) 1951年5月29日(68歳)
本名 市川 和雄
襲名歴 1. 初代市川銀之助
2. 九代目市川團蔵
別名 四世柏木衛門(舞踊名)[1]
出身地 東京都
三世柏木衛門
二代目市川銀之助(廃業)
五代目市川茂々太郎(廃業)
当たり役
義経千本桜』の武蔵坊弁慶
『髪結新三』の弥太五郎源七
『盟三五大切』の六七八右衛門

九代目 市川團蔵(くだいめ いちかわ だんぞう、1951年(昭和26年)5月29日 - )は、歌舞伎役者。屋号三河屋定紋は縦長三升、替紋は結び柏。本名は市川 和雄(いちかわ かずお)。舞踊柏木流十代目宗家でもある。

来歴[編集]

東京生まれ。八代目市川團蔵外孫で、舞踊家の三世柏木衛門の子。昭和31年(1956)歌舞伎座義経千本桜』の六代君で初代市川銀之助を名乗って初舞台。その後は二代目尾上松緑に師事し、立役として活躍する。

昭和41年(1966)の祖父の引退興行では『書写山』の鬼若丸の型を伝授される。昭和62年(1987)歌舞伎座『時今也桔梗旗揚』(馬盥の光秀)の武智光秀、『源平布引瀧』(実盛物語)瀬尾、『船弁慶』の弁慶で九代目市川團蔵を襲名する。中堅俳優として活躍。

長男が二代目市川銀之助(三笠優)、次男が五代目市川茂々太郎

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 人物履歴:9代目 市川 團蔵”. 独立行政法人日本芸術文化振興会 文化デジタルライブラリー. 2015年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]