川田瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川田 瑞穂(かわだ みずほ、明治12年(1879年5月24日 - 昭和26年(1951年1月27日)は、高知県出身の漢学者である。字は子果。雪山と号する。

漢学研究所(奥繁三郎経営)理事、大東文化学院(大東文化大学の母胎)助教授、早稲田大学高等師範部教授、同教育学部教授、無窮會会長事務代行・理事、東洋文化學會評議員・幹事、東洋文化研究所學監・所長代理。

内閣嘱託として、敗戦後初の第88回帝国議会1945年(昭和20年)9月4日開会)で昭和天皇が述べた開院式勅語の起草に関わった[1]

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 豊秀一 (2017年1月4日). “修正重ね「平和国家」盛る 敗戦翌月の天皇勅語”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJDM5WTVJDMUTIL048.html 2017年1月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]