川村イタキシロマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭和12年頃のイタキシロマ

川村イタキシロマ(かわむらイタキシロマ、? - 1943年)は、アイヌの民族活動家で、川村カ子トアイヌ記念館の創設者である。

概要[編集]

生年不詳。美幌より旭川近郊・忠別川コタンに移り住んだアイヌの一族の7代目である[1]アイヌ名・イタキシロマは、アイヌ語で「言葉に重みがある=嘘をつかない」の意。

後に、コタンの指導者であるコタンコㇿクㇽ(村おさ)となり、1876年石狩川の河畔に住むことから「川村」の日本苗字を名乗る[1]1887年に、開拓使による強制移住により、旭川西方の近文コタンに移り住む[2]。息子に、川村カ子トがいる。

1916年、アイヌ民族資料を集めた場所を設け一般市民に公開。これが「川村カ子トアイヌ記念館」の創立である[2]。 1931年頃、『人類学雑誌』に「キケウシパスイについて」という談話を残している[3]1943年に死去する[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 旭川アイヌの近・現代史 川村兼一
  2. ^ a b 旭川のアイヌ記念館 - 旭川・室蘭の旅
  3. ^ 小柳誠之・編 『文献上のエカシとフチ』札幌テレビ放送株式会社、1983年、P.20頁。