貝澤藤蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
民族衣装を着用する貝澤藤蔵
自宅の玄関前にて

貝澤 藤蔵(かいざわ とうぞう、1888年1966年)は、アイヌ民族の社会活動家。小冊子『アイヌの叫び』の著者。藤蔵の妻・コヨは旭川、近文アイヌの長・川村カ子トと才登の妹であり、砂沢クラの親友。門別薫は、藤蔵の子。

生涯[編集]

1928年4月から長野県天竜峡で川村カ子トが率いる鉄道測量隊の一員として働く[1]。1930年頃、白老熊坂シタッピレに依頼され観光客に解説をする仕事をするようになった。1931年8月3日に札幌で開催された全道アイヌ青年大会に出席し、11月に小冊子『アイヌの叫び』を発行[2]。その翌年12月に慶應義塾・地人会で講演する。1933年に長野県伊那高等女学校(現・長野県伊那弥生ヶ丘高等学校)でアイヌ文化についての講演を行い、講演内容の記録が残っている[3]1934年新春、川村カ子トとともに日高静内森竹竹市を訪れる[4]。1938年、川村カ子トに従い測量工事の仕事で朝鮮に出かけている。1951年、川村カ子トが再建したアイヌ記念館で解説の仕事をするようになる[5]1964年旭川市で開催された北海道アイヌ祭に参加[6]

晩年は白老で「ウサシカン」という名前で[7]、観光客相手にアイヌ民族の紹介に努め、白老で亡くなったと思われる。

1926年(大正15年・昭和元年)頃に、熊坂シタッピレにならって木彫を試み、木彫り熊とクワ(アイヌ語の意)を残す[8]。アイヌ民族の活動家だった荒井源次郎によると、藤蔵は「稀に見る書道家にして、書を通じてコタンの青少年の指導に尽くす」とある[9]が、藤蔵の書道作品が保存されているかどうか、いまにわからない。

『アイヌの叫び』[編集]

観光地であった白老に移り、観光客を出迎えたり施設を案内する仕事に就いていた藤蔵は、その頃の体験をもとに、「激しき生存競争に喘ぎつゝも、愛しき我子の為により善き未来を建設し様と努力しつつあるウタリ等の真意を伝へ、誤れるアイヌ観を打破し様」として書いたのが『アイヌの叫び』である[10]。第2章「悲惨なるアイヌ観」の中では、「内地に居られる人々は、未だ、アイヌとさえ言へば、木の皮で織ったアツシ(衣類)を着て毎日熊狩りをなし、日本語を解せず熊の肉や魚のみを食べ、酒ばかり呑んでいる種族の様に思い込んで居る人が多い様でありますが、之は余りにも惨なアイヌ観であります」と、和人の偏見を指摘したあと、アイヌの生活を「古代」「過渡期」「現代」に分けて記述し、アイヌに対する真の救助とは金や食料ではなく、「学問」であるとして教育の充実を訴えた。

さらに付録として、宣教師ジョン・バチェラーの主宰による全道アイヌ青年大会の熱気あふれる様子を報じ、「我々は最早眠っていてはならない、私等は声を揃えて眠れるウタリたちを呼び起こそう」というアピールで結ばれる。

貝澤藤蔵の著作となっているが、森竹竹市に金十円で代筆してもらったという説もある。序文を書いた喜多章明に草稿を見てもらったともいう[11]。いずれにせよ、主張や内容の多くが藤蔵自身のものであることは、伊那高等女学校で行った講演会記録と照らし合わせて確認できる。この小冊子がどのくらいの部数で発行され、どのくらいの範囲に知られていたかということは今後の研究を待つしかない。発行された約10年後に「アイヌによる著作」を特に調べた書誌研究家・式場隆三郎でさえ実物を見たことがなく、「日高の平取村の酋長の書いたものだときく」[12]と伝聞によって記すしかなかったほど希少であったことは確かである。

脚注[編集]

  1. ^ 金倉義慧 『旭川・アイヌ民族の近現代史』 高文研、2006年、319p。
  2. ^ 谷川健一・編 『近代民衆の記録 5 アイヌ』 新人物往来社、1972年、580p。
  3. ^ 前田粂蔵・編 『友垣』 長野県伊那高等女学校 校友会、1933年、31p。
  4. ^ 金倉義慧 『旭川・アイヌ民族の近現代史』 高文研、2006年、319p。
  5. ^ 金倉義慧 『旭川・アイヌ民族の近現代史』 高文研、2006年、487p。
  6. ^ 砂沢クラ 『ク スクップ オルスペ』 北海道新聞社、1987年、303p。
  7. ^ 木下清蔵 『シラオイコタン 木下清蔵遺作写真集』 アイヌ民族博物館、1988年、93p。
  8. ^ 伊藤務 『北海道の木彫り熊』 瑞楽堂 木彫り熊資料館、1988年、18p。
  9. ^ 荒井源次郎 『荒井源次郎遺稿 アイヌ人物伝』 加藤好男、1992年、140p。
  10. ^ 谷川健一・編 『近代民衆の記録 5 アイヌ』 新人物往来社、1972年、381p。
  11. ^ 谷川健一・編 『近代民衆の記録 5 アイヌ』 新人物往来社、1972年、580p。
  12. ^ 柳宗悦・編 『民藝 百七』 日本民藝協会、1942年、111p。