島田信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島田信行(しまだ のぶゆき 1962年4月14日 - )

岡山県津山市出身。

19歳でプロデビューするも心臓疾患の為ドクターストップ、あえなく引退。

関西初の東洋チャンピオンであった師匠の牧昭男より指導者になる事を薦められトレーナーへ転身 当時の日本最年少トレーナーになった。

27歳で大阪帝拳ジムへ移籍、ここで18才であった辰吉丈一郎と出会う。以後専属トレーナーとして4戦目で日本チャンピオン8戦目で世界チャンピオンと当時の日本最短記録を作る。多数の東洋チャンピオン、日本チャンピオンを育て2000年度〔37歳〕にはトレーナーとしての名誉であるエディタウンゼント賞を受賞する。

40歳から50歳までの10年間はK-1をはじめ格闘技の指導でボクシング界を一時離れるも51歳よりグリーンツダジムのアドバイザー兼トレーナーとして復活し、東洋太平洋バンタム級チャンピオン川口裕と日本スーパーフライ級チャンピオン奥本貴之の2人を育てる。

今現在は青少年育成として高校 大学など講演活動も行なっており、拓殖大学ボクシング部 チーフアドバイザーも務めている。

過去には自著伝も出版している。