峰地光重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

峰地 光重(みねじ みつしげ、1890年7月8日 - 1968年12月28日)は、日本の教育者評論家

略歴[編集]

鳥取県出身。鳥取師範学校卒。東京の私立池袋児童の村小学校などで生活綴方教育を行う。1927年鳥取県上灘小学校校長。42年綴方運動弾圧により退職。戦後52年教職に復帰。57-61年岐阜県多治見市立池田小学校つづ原分校教諭。65年ペスタロッチ賞受賞。[1]著作集18巻がある。

著書[編集]

  • 『文化中心綴方新教授法』教育研究会 1922 
  • 『文化中心国語新教授法』教育研究会 1925 
  • 『新教育と国定教科書』聚芳閣 1926 新教育叢書
  • 『新訓導論』教育研究会 1927 
  • 『伯州上灘村の伝説』私家版、1929 
  • 『新郷土教育の実践 各学年各教科』人文書房 1931 
  • 『生産の本質と生産教育の実際』厚生閣書店 1933 
  • 『朝の楽隊 童話』徳岡優文堂 1935 
  • 『聴方話方教授細目と教授資料』徳岡優文堂 1935 
  • 『生活文化史の話』弘学社 1939 
  • 『綴方教育発達史』啓文社 1939 
  • 『読方教育発達史』啓文社 1940 
  • 『生活読方の理論と工作』麦書房 1959
  • 『私の歩んだ生活綴方の道 ひとすじの思想を求めて』明治図書出版 1959
  • 『小学校綴方教授細目』『綴方生活』複刻版刊行委員会 1975
  • 峰地光重著作集』全18巻(複製)けやき書房 1981-82

共編著[編集]

  • 『最新小学綴方教授細目』編 児童研究社 1921 
  • 『新郷土教育の原理と実際』大西伍一共著 人文書房 1930 
  • 『はらっぱ教室』編著 百合出版 1955
  • 『作文教育』今井誉次郎共著 東洋館出版社 1957 学習指導のあゆみ
  • 『子どもの知恵をのばす自然観察ばなし』野村芳兵衛共著 黎明書房 1967

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大辞典:[2]
  • 佐々井秀緒,峰地利平『綴方作文の先覚峰地光重』あゆみ出版 1984

[編集]

  1. ^ 清水文雄「峰地光重翁を悼む」[1]