岩波雄二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩波 雄二郎(いわなみ ゆうじろう、1919年大正8年)6月25日 - 2007年平成19年)1月3日)は、日本の実業家岩波書店相談役。元社長、会長。神奈川県出身。

略歴[編集]

岩波書店創業者・岩波茂雄の次男に生まれる。府立一中成城高校を経て東京帝国大学文学部を卒業。

1946年昭和21年)に岩波書店に入店する。1949年(昭和24年)、同社が株式会社に改組されたおり社長に就任、およそ30年に渡って務め、1978年(昭和53年)からは会長1998年(平成10年)会長を退き相談役。社長在任中に広辞苑を刊行。

1949年(昭和24年)9月3日、東京青年商工会議所(現、東京青年会議所)の発足に参画。発足当初のチャーター・メンバー48名のひとりとなる。

2007年(平成19年)1月、多臓器不全のため死去。87歳。

妻の岩波淳子(岩波ホール総支配人・高野悦子の姉)は、岩波ホール・元支配人。娘の岩波律子は岩波ホール・現支配人。

関連項目[編集]