岡村剛一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡村 剛一郎(おかむら こういちろう[1][2]1977年6月26日[3] - )は、日本経営者技術者hacomo株式会社最高執行責任者 (COO)[4]。「ダンボールアートクリエイター」[1]、「ダンボールクリエイター」[2]などと称されている。

経歴[編集]

香川県に生まれ[1][2]香川県立高松北高等学校を経て、岡山理科大学に学んだ[5]

ダンボールのシートを加工して箱を作る「製函メーカー」である富士ダンボール工業に入社し、企画営業や、包装設計の業務に従事していた[4]

2003年にはテレビ東京の番組『TVチャンピオン』の「第3回段ボールアート王」で準優勝し、2005年には日本パッケージングコンテストでパッケージデザイン賞を受賞、さらに、2009年には第3回キッズデザイン賞をコミュニケーションデザイン部門で受賞した[1][2]

富士ダンボール工業は、通常の段ボールより耐久性の高い三層ダンボールを扱っていたが、岡村は同社の加工技術を活かして、展示会の客寄せに、三層ダンボールを使った大きな恐竜などを制作していた[4]。やがてノベルティとしての制作依頼などが舞い込むようになり、2010年にダンボールを使ったクラフト商品を制作するhacomo株式会社を分社化して、その最高執行責任者 (COO) に就任した[4]

岡村は、作品の展示とともに、ダンボールを使った工作のイベントやワークショップを各地で展開している[2]

おもなテレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 夏休み企画展 宇宙を探険! ダンボールアート遊園地 (PDF)”. 大垣市スイトピアセンター. 2016年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f ダンボール遊園地 宇宙であそぼう!”. 日本海新聞. 2016年8月5日閲覧。
  3. ^ 2014年6月27日の facebook で「昨日37歳になりました。」と述べている。
  4. ^ a b c d K・T (2011年10月18日). “ダンボールの「"おもしろい"で未来を拓く」 岡村剛一郎さん hacomo”. 経済産業省四国経済産業局. 2016年8月5日閲覧。
  5. ^ 岡村剛一郎 - Facebook
  6. ^ 未来シアター OA内容 #71 2013/8/9 OA”. 日本テレビ放送網. 2016年8月5日閲覧。 - 前半の赤井勝に続いて、後半で登場

外部リンク[編集]