岡山電気軌道岡軌7000型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡山電気軌道岡軌7000形電車(おかやまでんききどうおかき7000がたでんしゃ)は1980年に登場した岡山電気軌道路面電車の1形式である。

岡山電気軌道 7001 たま電車(2代目)

概要[編集]

岡山電気軌道開業70周年を記念して、アルナ工機の製造により2両が竣工した。岡山電気軌道として初の新造車体・冷房装備のボギー車であり、冷房装備の路面電車としては熊本市交通局1200形に続く日本で2番目の例となった。また、この電車には岡山電気軌道としては初めて暖房装置も装備され、日本初の冷暖房完備の路面電車となった。

同時期にデビューした軽快電車プロジェクトの成果を一部先行して応用し、そのエクステリアデザインを踏襲している。ただし本車は完全な新造ではなく、台車・機器は2000形(旧呉市電800形)のものを流用している。

主要諸元[編集]

  • 製造初年:1980年
  • 全長:12200mm
  • 全幅:2224mm
  • 全高:3775mm
  • 自重:16.5t
  • 車体構造:全金属製
  • 定員(着席):96(34)人
  • 出力・駆動方式:37.5kw×2、吊り掛け

参考文献[編集]