山辺道彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山辺 道彦(やまべ みちひこ、1931年10月21日[1] - )は、日本実業家。元富士機工会長・社長。富士機工の東証一部上場に尽力した。東京都出身。横浜国立大学経済学部卒業。

経歴[編集]

1931年東京都生まれ[1]長崎県立長崎東高等学校を経て[2]1954年横浜国立大学経済学部卒業後、富士紡績入社[1]1983年同社大阪営業部長、1984年企画管理部長、1986年取締役企画管理部長を経て、1990年6月に富士機工常務取締役となり、1991年6月同社社長に就任[1]。在任中の1996年9月に富士機工は東証一部指定を受けた[1]1998年6月に同社会長に就任し、1999年6月まで務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ編『現代日本人名録2002』(日外アソシエーツ、2002年)
  2. ^ 『長崎県立長崎東高等学校 同窓会名簿』(長崎県立長崎東高等学校同窓会、1993年)
  3. ^ 『朝日新聞人物データベース』