山田文雄 (動物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 文雄(やまだ ふみお、1953年 - )は、日本哺乳類学者。

人物[編集]

1953年滋賀県出身[1][2]。1981年、九州大学大学院農学研究科博士課程単位取得退学[2]。独立行政法人森林総合研究所勤務、1990年九州大学農学博士 論文の題は「ニホンノウサギ(Lepus brachyurus)の生態,特にヒノキ造林木への食害とその防止に関する研究」[3][1]。1991年、森林野生動物研究会(旧野兎研究会)常任理事[4]。侵略的外来中型哺乳類の効果的・効率的な防除技術に関する技術開発など保全生物学について研究しており、2011年12月20日に東京大学出版会から「日本の外来哺乳類ー管理戦略と生態系保全」を池田透小倉剛との共同編著書として出版した[2]

著書[編集]

  • 山田, 文雄; 池田, 透; 小倉, 剛 (2011). 日本の外来哺乳類 : 管理戦略と生態系保全. (編著). 東京大学出版会. ISBN 978-4-13-060221-1. NCID BB07853793. 

論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 国立国会図書館(NDL)典拠データ検索
  2. ^ a b c 山田, 池田 & 小倉 2011
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 加藤 1992