山村雅昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山村 雅昭(やまむら がしょう、1939年 - 1987年2月28日)は、日本写真家である。

経歴[編集]

1939年、大阪府に生まれる[1]

10代の頃より、カメラ雑誌のコンテストで多数の入選を果たした[2]。1962年、日本大学芸術学部写真学科を卒業する[1]。1967年、自身にとって初の個展「奢りへの戴冠」が村松画廊にて開催される[3]。1976年、個展「植物に」がニコンサロンにて開催され、写真集『植物に』がTBデザイン研究所より刊行される[3]。同年、第1回伊奈信男賞を受賞した[3]

1987年2月28日、死去[3]。47歳没[2]。自殺であった[2]

写真集[編集]

  • 植物に(1976年、TBデザイン研究所)
  • 花狩(1988年、アドバタイズ・コミュニケーション)
  • MONOCHROME 写真集 山村雅昭の仕事(1999年、光村印刷)
  • ワシントンハイツの子供たち(2012年、山羊舎)

脚注[編集]

  1. ^ a b 山村雅昭「ワシントンハイツの子供たち」”. artscape (2012年9月2日). 2016年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c 原宿にあった「日本の中のアメリカ」 山村さんの写真集”. BOOK.asahi.com (2012年10月1日). 2016年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c d 山村雅昭写真集『ワシントンハイツの子供たち』発売”. TRANSIT (2012年8月30日). 2016年6月26日閲覧。

関連項目[編集]