山本陽子 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 陽子(やまもと ようこ、1943年 - 1984年8月29日)は、日本詩人

略歴[編集]

1958年、女子美術大学付属高校に首席で入学[1]。1961年、日本大学芸術学部映画科に入学するが、1963年に中退。

1966年、同人雑誌『あぽりあ』創刊に参加。同誌に評論「神の孔は深淵の穴」発表。1967年、『あぽりあ』第2号に「よき・の・し」発表。1970年、後に代表作となる「遥るかする、するするながらIII」を『現代詩手帖』10月号に発表。1977年、詩集『青春-くらがり(1969…)』出版。これが生前に刊行した唯一の詩集となった。1984年、肝硬変により死去。享年41歳。

1989年、渡辺元彦の編集によって全集の刊行が開始され、1996年、第4巻の刊行をもって完結した。

著作[編集]

単行本[編集]

  • 『青春 - くらがり(1969…)』吟遊社 1977
  • 『山本陽子遺稿詩集』坂井信夫、中村文昭編 1986

全集[編集]

評伝[編集]

  • 『生の証しをのこして』 石村博子著 1997 筑摩書房 ちくまプリマーブックス - 早逝した3人の芸術家の1人として山本が扱われている

脚注[編集]

  1. ^ yamamoto youko's page”. 2021年5月15日閲覧。