山本清幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 清幸(やまもと きよゆき、1910年 - 1991年9月20日[1])は、日本の哲学者。

略歴[編集]

山形県出身。1935年京都帝国大学文学部哲学科卒。1955年九州大学文学部助教授、のち教授。1974年定年退官、名誉教授となる[2]。1959年「シェリング「自由論」の研究」で九大文学博士。シェリングが専門だがのち道元に関心を持った。

著書[編集]

  • 『非存在の哲学』日本学術振興会 1954
  • 『形而上学』理想社 1954
  • 『シェリング自由論の哲学』学術書出版会 1970
  • 『道元禅の省察』(サーラ叢書) 平楽寺書店 1970
  • 『哲学体系の象限 近代的思惟と論理主義』九州大学出版会 1982
  • 『積極哲学への回帰 バアダーとシェリング』九州大学出版会 1983
  • 『道元禅の省察 続』平楽寺書店 1994

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 山本清幸名誉教授略歴・業績目録 哲学年報 (33), 巻頭3p, 1974-03