山本一元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 一元(やまもと かずもと、1933年 - )は、旭化成元社長、旭化成相談役、一般社団法人明専会会長。

山口県出身。1957年九州工業大学工学部工業化学科卒業。1957年旭化成工業(現・旭化成)入社、常務、専務、副社長を経て、社内で絶対的な権力を握っていた山口信夫会長の指名を受け1997年に社長に昇格[1]。2003年から副会長、常任相談役、2009年から相談役。シチズンホールディングス社外取締役。TOTO社外取締役。2006年から2013年まで一般社団法人明専会会長[2]

著書[編集]

  • 『道に迷えば歴史に問え 』日刊工業新聞社 2005

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「旭化成、「死ぬまでトップ君臨」経営に決別 」2014/1/27 7:00日本経済新聞
  2. ^ 「役員一覧」一般社団法人明専会

参考資料[編集]

先代:
弓倉礼一
旭化成社長
1997年 - 2003年
次代:
蛭田史郎
先代:
神﨑昌久
明専会会長
2006年 - 2013年
次代:
高原正雄