山口邦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 邦子(やまぐち くにこ、1959年1月31日 - )は、日本のフルート奏者平成音楽大学非常勤講師。日本フルート協会理事。[1]熊本ユースシンフォニーオーケストラ指導者。

略歴[編集]

熊本市出身。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科(フルート専攻)卒業。フルートを佐伯隆夫、清水信貴に師事。

武蔵野音大在学中、熊本にて「木管五重奏の夕べ」開催。

卒業時、東京に於いて日本フルート協会主催「第9回フルートデビューリサイタル」出演。

第21回熊本県新人演奏会出演。

「山口邦子フルートリサイタル」の他、ソプラノ、クラリネット、フルートそれぞれとのジョイントリサイタルなどを数多く企画、開催する。 

1985年 入江和也(オーボエ)、溜渕孝二(クラリネット)、田畑博美(ファゴット)、山口亮二(ホルン)とともに熊本シティ木管アンサンブルを結成し、NHK美術館コンサート等に出演。

1988年 外山雄三指揮の熊本交響楽団第46回定期演奏会においてW.A.モーツァルト「フルートとハープの為の協奏曲」を長澤真澄(ハープ)と共演。

1991年 八代厚生会館にて開催された福岡シティフィルハーモニックオーケストラ「協奏曲の夕べ」にてC.シュターミッツ「フルート協奏曲」のソリストを務める。

脚注[編集]

  1. ^ 協会組織 | 一般社団法人 日本フルート協会” (英語). japan-flutists.org. 2018年5月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『演奏年鑑2015』-音楽資料(通巻第41号) 平成27年3月31日発行 公益社団法人日本演奏連盟