山口家継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 家継(やまぐち いえつぐ、生没年不詳)は、平安時代末期の武蔵国入間郡の武将である。通称は小七郎。父は村山頼家。子に山口家俊仙波家信。初代山口城主。武蔵山口氏の祖。

武蔵七党村山党の一族。兄弟の大井家綱宮寺家平金子家範と共に武蔵国入間郡及び多摩郡北部に勢力をはっていた。

家継は入間郡山口(所沢市山口)に移住し山口城を築城。山口氏を称した。子孫は代々山口に住した。