山北隆士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山北 隆士(やまきた たかし、1975年9月2日 - )は、地方競馬高知競馬場山岡恒一厩舎所属の元騎手である。勝負服の柄は胴紫・黄星散らし、袖桃。高知県出身、血液型B型。

来歴[編集]

1993年9月29日付けで地方競馬騎手免許を取得し、細川忠義厩舎からデビュー[1]。同年10月4日高知競馬で初騎乗[2]。同年10月10日高知競馬で初勝利。

1995年7月31日第10回全日本新人王争覇戦出場(11人中8位)[3]

1997年6月3日第25回南国優駿をカタマルルーシーで優勝し、重賞初制覇。

2000年細川忠義厩舎から山岡恒一厩舎へ移籍[4]

2003年2月付けで引退することが発表された。最終騎乗は同年2月10日第17回高知競馬2日目第11競走B2条件戦キノパートナーに騎乗し8着だった(11頭立て10番人気)[5]

地方通算成績は3349戦276勝・2着294回・3着355回・勝率8.2%・連対率17.0%

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『Furlong 1993年10月号』、地方競馬全国協会、1993年10月、PP28-29。
  2. ^ 山北 隆士 - 高知競馬へようこそ
  3. ^ 第10回 全日本新人王争覇戦 (1995年7月31日開催) - おうまのアイコン wire-to-wire ~競馬のドット絵・無料HP素材専門サイト~
  4. ^ 厩舎移動情報。 - 高知競馬へようこそ
  5. ^ 騎手情報 - 高知競馬へようこそ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]