山下秀智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山下 秀智(やました ひでとも、1944年11月22日 - )は、日本の宗教哲学者、静岡大学名誉教授。

熊本県生まれ。大阪教育大学文学科卒。1973年京都大学大学院文学研究科博士課程(宗教学)単位取得退学。2000年「宗教的実存の展開」で文学博士(京都大学)。静岡大学教養部助教授、1990年国際文化学部教授[1]、2008年定年退任、名誉教授。キェルケゴール親鸞の比較研究などをした。

著書[編集]

  • 『絶対否定と絶対肯定 キェルケゴールと親鸞の問題』北樹出版 1978
  • 教行信証の世界』北樹出版 1983-1985
  • 『宗教的実存の展開 キェルケゴールと親鸞』創言社 2000
  • 『キェルケゴール『死に至る病』』晃洋書房 哲学書概説シリーズ 2011
編纂

翻訳[編集]

  • 『キェルケゴール著作全集 原典訳記念版 第12巻 死に至る病』創言社 1990
    • キェルケゴール『死に至る病』創言社 2007
  • 『キェルケゴール著作全集 原典訳記念版 第13巻』キリスト教への修練(國井哲義共訳)一つの建徳的談話 創言社 2011

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年