屋形古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

屋形古墳群(やかたこふんぐん)は、福岡県うきは市にある古墳群。国の史跡

概要[編集]

珍敷塚古墳、原古墳、鳥船塚古墳、古畑古墳の4基の円墳で構成される。現在、墳丘が残っているのは、古畑古墳と原古墳のみである。昭和61年(1986年2月25日に国の史跡となった。

珍敷塚古墳(めずらしづかこふん)
奥壁と壁の腰石のみが残り、墳丘は古い時代に破壊されたと考えられる。壁画には点と線を多様に使った絵が書かれている。
原古墳(はるこふん)
直径約12.4メートル、高さ約3.5メートルの円墳で、石室は全長約8.9メートルの横穴式石室である。奥壁には赤色で大型の船が描かれており、船の上には櫂を漕ぐ人と、弓を持つ人が描かれている。
鳥船塚古墳(とりふねづかこふん)
石室は破壊されており、奥壁の腰石2段を残すのみである。奥壁の1段目には2個の靫と船、同心円文が描かれている。船は大きな櫂のある大型の船で、人物が乗っており帆を張る柱が2ヶ所ある。2段目には、鳥が船の艫と舳先に各1羽つづ止まっている絵が描かれている。
古畑古墳(ふるはたこふん)
直径約20メートル、高さ約3メートルの横穴式石室を持つ円墳で、墳丘は2段築成である。段築面には円筒埴輪が並んでおり、奥壁には三角文、人物、同心円文が赤色で描かれている。

所在地[編集]

〒839-1333
福岡県うきは市吉井町富永653-2他

アクセス・交通[編集]

JR久大本線筑後吉井駅からタクシーで15分。

関連項目[編集]

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]