屋代忠興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
屋代 忠興
時代 江戸時代前期
生誕 元和5年(1619年
死没 寛文3年1月6日1663年2月13日
改名 甚三郎(幼名)
戒名 春光院殿性澄海雲大居士
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺
幕府 江戸幕府
安房北条藩
氏族 朝倉氏屋代氏
父母 父:朝倉宣正、養父:屋代忠正
兄弟 牧野儀成正室、朝倉宣親朝倉正世朝倉宣季忠興朝倉正高伊東祐豊正室、加藤明利正室
正室:葉室頼孝の娘
養子:忠位屋代忠位正室

屋代 忠興(やしろ ただおき)は、安房北条藩の第2代藩主。朝倉宣正の四男。

寛永4年(1627年)、先代藩主の屋代忠正の養嗣子となる。寛文2年(1662年)、養父の死去により跡を継ぐが、翌年正月6日に45歳で死去した。家督は甥で養嗣子の忠位が継いだ。