尾骨筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尾骨筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 仙骨神経叢
部位
体幹筋
腹部の筋
尾部の筋
ラテン名
musculus coccygeus
英名
Coccygeus muscle

尾骨筋(びこつきん)は、腹部の筋肉のうち仙骨下部と尾骨外側縁との間に存在するものである。仙骨尖を起始とし、尾骨に付着する[1]

尾骨と仙骨の間の動きは人間に於いてほとんど退化しており、有効な作用はない。仙棘靭帯と一帯となっており、深会陰横筋尿道括約筋肛門挙筋とあわせて骨盤底筋と呼ばれる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]