小野葉桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 葉桜(おの はざくら、 明治12年(1879年6月15日 - 昭和17年(1942年))は、日本歌人。 本名・岩治(いわじ)。

略歴[編集]

宮崎県西郷村(現・美郷町)生まれ。1891年延岡の私学校「亮天社」に学ぶ。美々津小学校の代用教員を務めている時、延岡中学生だった若山牧水と知り合い親交を結ぶ。以来牧水やその仲間たちとの交流を通して、実作と歌論に情熱を傾ける。30歳のとき、人力車の事故で頭部に傷を負い後遺症のため作家活動を断念。1942年死去。生前は歌集も出版されず長い間忘れられた歌人であった。没後40年以上たった1987年、故郷の西郷村の人々を中心に遺稿歌集『哀しき矛盾』が出版された。

外部リンク[編集]