小野正吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小野 正吉(おの まさきち、1918年 - 1997年3月6日)は日本の料理人ホテルオークラ東京初代総料理長。

1961年ホテルオークラ設立準備委員会に迎えられる形で入社して以来、ホテルオークラのフランス料理を確立させ、調理部門からホテルオークラの発展を支えた。また、日本のフランス料理界の発展のために「日本エスコフィエ協会」の創設に尽力するなど、日本におけるフランス料理の礎を築き、その発展に尽くした。その功績は高く評価され、“日本のフランス料理の父”と称されている。

プロフィール[編集]

著作[編集]

  • 小野正吉フランス料理<1>オードヴル・スープ(1981年 柴田書店
  • フランス料理への招待(1981年 講談社
  • 辻嘉一・小野正吉 食の味、人生の味(1982年 柴田書店)
  • 小野正吉フランス料理<2>魚介料理(1983年 柴田書店)
  • 小野正吉フランス料理<3>肉料理(1985年 柴田書店)
  • フランス料理技法・ソース&スープVol.1(1991年 主婦の友社
  • フランス料理技法・ソース&スープVol.2(1991年 主婦の友社)
  • フランス料理技法・ソース&スープVol.3(1991年 主婦の友社)

参考文献[編集]

  • ホテルオークラ プレスリリース ホテルオークラ東京 開業45周年記念イベント(2007年10月16日) [1]
  • 宇田川悟 『ホテルオークラ総料理長 小野正吉』 柴田書店 (2014年4月18日)

脚注[編集]

外部リンク[編集]