小野和子 (バドミントン選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 和子(おの かずこ、旧姓:後藤)は、新潟県新潟市出身の女子バドミントン選手。

新潟県立新潟中央高等学校卒業。3年時にはインターハイの女子シングルスに出場、決勝で山形城北女子高等学校(現山形城北高等学校)に敗れるものの準優勝[1]、同年の国体でも準優勝を飾っている[2]。卒業後は日本電信電話公社へと入社し、練習は高校で行った。

全日本にも選ばれ第4回ユーバー杯に出場し、これまでの優勝国アメリカ合衆国を破って日本の優勝に貢献した。翌年に開催された第5回ユーバー杯にも出場し、連覇を果たした。

現在は新潟県小学生バドミントン連盟の理事[3]や新潟県バドミントン協会普及委員長を務めている[4]

出典[編集]

  1. ^ 全国高校総体バドミントン競技 栄光のあと
  2. ^ 国民体育大会バドミントン競技の過去の栄冠
  3. ^ 新潟県小学生バドミントン連盟(役員名簿)
  4. ^ 平成17年度 バドミントン教室(U-10)開催のお知らせ