小笠原正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小笠原 正一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県
生年月日 (1946-01-01) 1946年1月1日(72歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト9位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小笠原 正一(おがさわら しょういち、1946年1月1日 - )は、岩手県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

岩手県立盛岡農業高等学校から、1964年、日通盛岡へ。4番打者で強肩強打の外野手として活躍。

都市対抗野球で新日鉄釜石の補強選手として後楽園の土を踏んでいる。

1971年のドラフトに阪神から4位指名され入団。「東北のスラッガー」と言われ、ウエスタンでは中軸を打ったが、一軍公式戦に出場がなく、1974年に引退。

引退後、フロント用具係・スコアラーとして活躍した後、阪神園芸グランド整備を担当した。

鹿島アントラーズ小笠原満男の叔父にあたる[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 34 (1972年 - 1974年)

脚注[編集]

  1. ^ 小笠原が同郷雄星にエール「結果残せば」 nikkansports.com、2009年10月30日

関連項目[編集]