小田桐幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田桐 幸雄
個人情報
国籍日本の旗 日本
生誕 (1956-02-10) 1956年2月10日(65歳)
日本の旗 日本 青森県弘前市
スポーツ
競技ボクシング

小田桐 幸雄(おだぎり ゆきお、1956年昭和31年)2月10日[1] - )は、日本のボクサー

経歴[編集]

青森県弘前市出身[1][2]弘前電波工業高等学校を経て、拓殖大学に入学する[2]。同校在学中に[3]1976年モントリオールオリンピックにフェザー級で出場し、3回戦で敗退した[4]

ほか、1976年(昭和51年)全日本選手権フェザー級優勝、第8回アジア選手権ライト級準優勝、1977年(昭和52年)ベオグラード世界選手権出場などの結果を残した[1]

引退後は消防署員となり[2]、弘前消防署西北分署などに勤務[1]。ほか、弘前ボクシング協会理事長として後進の育成に当たった[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 東奥日報社 2002, 812頁.
  2. ^ a b c 伝説のボクサーが弘前に”. 弘前ボクシングジム (2013年7月27日). 2019年10月15日閲覧。
  3. ^ 過去の日本代表五輪出場選手成績一覧表”. 大田区ボクシング連盟 (2008年2月23日). 2019年10月15日閲覧。
  4. ^ "Yukio Odagiri Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2018年12月21日閲覧
  5. ^ 元五輪代表・小田桐さんがボクシング指導”. 東奥日報社 (2020年9月21日). 2021年3月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東奥日報社 編 『青森県人名事典』 東奥日報社、2002年。ISBN 4885610656