小槻季継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小槻季継
時代 鎌倉時代中期
生誕 建久3年(1192年
死没 寛元2年9月27日1244年10月30日
官位 正五位上左大史
主君 後堀河天皇
氏族 小槻氏大宮家
父母 父:小槻公尚
秀氏、文世、朝治、守遍
テンプレートを表示

小槻 季継(おづき の すえつぐ)は、鎌倉時代中期の官人算博士小槻公尚の子。官位正五位上左大史

経歴[編集]

代々官務(左大史上首)を務めた小槻氏は、鎌倉時代初期に小槻永業を祖とする大宮官務家と弟の小槻隆職を祖とする壬生官務家に分裂して官務の地位を争った。季継は永業の曾孫にあたる。元仁元年(1224年)に壬生官務家の小槻国宗(隆職の子)が没したのち官務の地位に就くと、九条道家と結んで壬生官務家に押されがちであった大宮官務家の基礎を固め、以後死去まで21年間にわたってその地位を保った。この間に修理東大寺大仏長官・備前権介紀伊守筑前守を兼任している。

また、摂関家九条家家司を務めた。

なお、日記として『左大史小槻季継記』が伝わるが、近年の研究では実際の著者は子・秀氏であったことが判明している。