小林義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 義雄(こばやし よしお、1854年6月9日嘉永7年5月14日) - 1911年明治44年)8月11日)は、明治期の官僚。

経歴[編集]

丹後国宮津藩士として生まれる。父は忠庵という。蘭学英学を学び、1867年(慶応3年)、神戸で英語を学び、1869年(明治2年)上京し、慶應義塾に入る。横浜蒸気機関を学び北アメリカに渡り、室内装飾術を研究する。1878年(明治11年)大蔵省商務局へ出仕しメルボルン万国博覧会等に随行する。北白川宮邸、有栖川宮邸の宮殿が造られるにいたって宮内省に出仕する。室内装飾や家具、設計等を担当した。

参考文献[編集]