小林桂助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 桂助(3代)(こばやし けいすけ、1908年(明治41年)6月6日 - 2000年(平成12年)1月10日[1] は、日本の鳥類研究家。神奈川県出身で、1923年大正12年)の関東大震災後、神戸市に移住。 小林による『原色日本鳥類図鑑』は「コバケイ図鑑」の名で鳥類観察者に親しまれた[2][3]。小林の収集した標本類は兵庫県人と自然の博物館に寄贈され、「鳥に魅せられて-小林桂助氏の足跡とコレクション研究」として展示されている[4]

著書[編集]

  • "The eggs of Japanese birds" (日本産鳥類の卵) by Keisuke Kobayashi, Takeo Ishizawa ; directed by Seinosuke Uchida. Kobe : Keisuke Kobayashi, 1932-
  • 原色日本鳥類図鑑(保育社の原色図鑑 第6巻)保育社、1956年

このほか、鳥類に関連する著書多数。

関連人物[編集]

脚注・文献[編集]

  1. ^ 森岡弘之. 小林桂助氏を悼む. Japanese Journal of Ornithology, 49(3): 161-163, 2000.[1]
  2. ^ 藤波不二雄「一通の手紙とその時代 鳥類学者 古林桂助先生との文通」 鳩ケ谷郷土史会『郷土はとがや』平成20年5月18日号
  3. ^ 初版は1956年。1969年に増補改訂版、1981年に新訂版、1983年に新訂増補版が刊行されている。
  4. ^ http://hitohaku.jp/exhibits/exhibition_natsuralists.html
[ヘルプ]

外部リンク[編集]