小林利一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 利一(こばやし りいち、1898年明治31年)2月12日[1] - 没年不明)は、大正から昭和にかけての満鉄職員、鉄道官僚。朝鮮総督府交通局長を務めた。

経歴[編集]

大分県速見郡別府町[1]で小林豊蔵の次男として生まれる[2]1922年11月大学の卒業を待たずして高等文官試験行政科に合格し[1][2]1923年3月東京帝国大学政治学科を卒業[1][2]満鉄に入り、経理課勤務、京城鉄道学校講師を務めたのち[2]1925年朝鮮総督府鉄道局に転じて書記になった[1]。1926年3月には鉄道局副参事、1927年5月には鉄道局参事[1]1932年6月には鉄道局経理課長[1]に就任。その後、鉄道局理事、京城地方鉄道局長を経て、1942年11月に鉄道局総務課長に就任[2]1943年12月1日朝鮮総督府交通局長に任じられ[3]、日本による朝鮮統治終了まで務めた。

脚注[編集]

参考文献[編集]