小林しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 しのぶ(こばやし しのぶ、1968年4月 - )は、日本看護学者である。 現在群馬大学医学部保健学科看護学専攻助教。専門は基礎看護学。チャームポイントは笑顔。[1]

専門分野[編集]

看護技術・リラクゼーション

  • fMRIを用いたリラクセーション技法の選択適応基準作成のための実験研究
  • 看護における補完代替療法学講座の開設とその評価

著書・論文[編集]

論文[編集]

  • 『リラクセーション外来における終末期がん患者への看護援助の効果』(日本看護技術学会誌公園抄録集、2008年)
  • 『簡易版漸進的筋弛緩法プログラムとCD教材の製作プロセス』(看護技術、2008年)
  • 『患者・家族が変わる外来看護の実践活動 リラクセーション外来』(看護技術、2008年)
  • 『リラクセーション外来における運営と受診者の動向(2) 複合的リンパ療法の実際』(The Kitakanto Medical Journal、2007年)
  • 『リラクセーション外来における運営と受診者の動向(1) リラクセーション法と緩和ケアマッサージの実際』(The Kitakanto Medical Journal、2007年)
  • 『リラクセーション技法の体験 自分を磨く』(日本看護技術学会誌、2007年)
  • 『リラクセーション外来におけるがん患者へのセルフコントロール法指導の効果』(北関東医学、2006年)
  • 『リラクセーション外来におけるがん患者へのセルフコントロール法の継続的指導の効果』(日本看護技術学会第5回学術集会講演抄録集、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 群馬大学 大学情報データベース