小宮山賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小宮山 賢(こみやま さとし)は、日本公認会計士早稲田大学大学院経営管理研究科教授、元日本公認会計士協会副会長。

人物・経歴[編集]

1976年一橋大学商学部卒業。1979年公認会計士登録。有限責任あずさ監査法人代表社員等を経て、2005年早稲田大学大学院商学研究科客員教授、2011年早稲田大学大学院経営管理研究科教授。この間2007年から2010年まで日本公認会計士協会副会長(業務部門担当)を務めた他、国際会計基準委員会解釈指針委員会日本代表、企業会計基準委員会委員、企業会計審議会幹事、公益財団法人日本郵趣協会評議員等を歴任[1][2][3][4][5][6]

著書[編集]

  • 『新オフバランス取引 (ニューファイナンシャルシリーズ)』金融財政事情研究会; 第2訂版 (1995/07)
  • 『最新 オフバランス取引』金融財政事情研究会; 第2版第2訂版 (1996/03)
  • 『対談・新連結会計入門』(中村忠と共著)税務経理協会 (1998/12)
  • 『金融商品・年金会計入門』税務経理協会; 改訂版 (2000/03)
  • 『戦後企業会計史』(共著)中央経済社 (2015/2/4)
  • 『金融商品会計の基礎』税務経理協会 (2015/8/27)

脚注[編集]

  1. ^ 「小宮山 賢 教授」早稲田大学
  2. ^ 「小宮山 賢」researchmap
  3. ^ 「著者略歴」『金融商品会計の基礎』税務経理協会 (2015/8/27)
  4. ^ 「顧問紹介」プロネクサス総合研究所
  5. ^ [1]日本郵趣協会
  6. ^ 「小宮山 賢」早稲田大学