寺村城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
寺村城
滋賀県
寺村城の土塁の一部
寺村城の土塁の一部
別名 寺村館
城郭構造 平城
築城主 寺村氏
築城年 室町期
主な城主 寺村半左衛門盛久
遺構 土塁

寺村城(てらむらじょう)は寺村氏によって築かれた日本の城平城)である。寺村館(てらむらやかた)ともいわれる。

概要[編集]

近江寺村城の築城年代は室町期ともいわれるが定かではない。

位置は旧近江国蒲生寺村地域で、土塁の一部が現在の滋賀県東近江市蒲生寺町40番地と綺田町351番地の境あたりに残っており、「高薮」と呼ばれる竹藪から得照寺を含めた西側一帯が寺村城址である。現在も土塁の一部が約10m程度残っている。

天正年間には寺村半左衛門が居城した記録が残っている。

『近江蒲生郡志』によれば、寺村城址近くの得照寺は、天正年間に寺村半左衛門の邸地に草堂を営んだことに始まる。得照寺の宗派は西本願寺(正式名称は本願寺)を本山とする浄土真宗本願寺派である。

脚注[編集]