宮崎又治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 又治郎(みやざき またじろう、1880年明治13年)4月 - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚。

経歴[編集]

三重県出身。1908年(明治41年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]大韓帝国郡主事、朝鮮総督府属、同試補、同事務官江原道財務部長、釜山税関長などを歴任[1]1929年(昭和4年)、釜山府尹に就任した[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。