宮崎一老

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 一老(みやざき いちろう、1907年(明治40年) - 没年不明)は、日本の水産学者兵庫県生まれ。1932年東京帝国大学農学部水産科卒、農林省水産講習所(現東京海洋大学)金沢演習場、農林省水産局(現農林水産省)、宮崎県経済部水産課、鯨類研究所勤務。1962年「二枚貝の発生、特に浮游幼貝の識別に関する研究」で東北大学農学博士日本捕鯨協会勤務。

著書[編集]

  • 『光る海 科学随筆』天然社、1943
  • 『二枚貝とその養殖』いさな書房、1957
  • 『漁業ものがたり 海につながる生活』法政大学出版局、1958
  • 『魚つり歳時記』朝日新聞社 コンパクト・シリーズ、1964
  • 『海洋生物資源の利用と開発』丸ノ内出版 食の科学叢書、1981

共著[編集]

翻訳[編集]

  • Rudolf Kreuzer, Rashid Ahmed『サメの利用とマーケティング』海洋水産資源開発センター共訳 海洋水産資源開発センター、1982
  • C・W・ニコルの海洋記 くじらと鯨捕りの詩』竹内和世共訳 実業之日本社 実日新書、1987 のち講談社文庫

参考[編集]

  • 『海洋生物資源の利用と開発』著者紹介