宮島久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮島 久雄(みやじま ひさお、1936年 - )は、美術史学者。

大阪府出身。京都大学文学部美学美術史卒業、同大学院修士課程修了、国立国際美術館主任研究官、京都工芸繊維大学教授、1996年京都大学総合人間学研究科教授、1998年定年退官、国立国際美術館館長、2005年退任[1]。2010-2014年高松市美術館館長[2]

著書[編集]

  • 『関西モダンデザイン前史』中央公論美術出版 2003
  • 『関西モダンデザイン史 百貨店新聞広告を中心として』中央公論美術出版 2009

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ピート・モンドリアン『新しい造形 新造形主義』中央公論美術出版 バウハウス叢書 1991
  • ヴァルター・グロピウス『バウハウス工房の新製品』中央公論美術出版 バウハウス叢書 1991
  • L.モホリ=ナギ『材料から建築へ』中央公論美術出版 バウハウス叢書 1992
  • テオ・ファン・ドゥースブルフ『新しい造形芸術の基礎概念』中央公論美術出版 バウハウス叢書 1993
  • ヴァシリー・カンディンスキー『点と線から面へ』中央公論美術出版 バウハウス叢書 1995。ちくま学芸文庫 2017

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『関西モダンデザイン史』著者紹介
  2. ^ 高松市