宣教師の立場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宣教師の立場 マザー・テレサの理論と実践』(The Missionary Position: Mother Teresa in Theory and Practice)は1995年に刊行されたクリストファー・ヒッチェンズの著作。マザー・テレサの慈善活動を極めて否定的に扱った書籍。彼女を実際は偏狭で、有力者には媚びる姿勢を見せ、金集めに奔走する人物として描写している。リチャード・ドーキンスは『神は妄想である』でマザー・テレサを批判する際に、本書の題をあげている)[1]。ヒッチェンズはチャンネル4のドキュメンタリーHell's Angel英語版でもマザー・テレサ批判を行なっている。

評価[編集]

本書の刊行元であるVersoは肯定的な書評を載せたメディアとしてIn These Times英語版The Sunday TimesSan Francisco Bay Guardian英語版ニューヨーク・タイムズをあげている。このうちニューヨーク・タイムズでの書評はブルーノ・マドックス英語版によって書かれた[2]

米国カトリック連盟英語版ウィリアム・A・ドナヒュー英語版は本書を批判し、同団体のウェブサイトに反論文を掲載している。

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・ドーキンス 2007, p. 427.
  2. ^ New York Times book review

参考文献[編集]

  • リチャード・ドーキンス『神は妄想である―宗教との決別』垂水雄二訳、早川書房、2007年5月25日。578頁。ISBN 978-4-152-08826-0

外部リンク[編集]