クリストファー・ヒッチェンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリストファー・ヒッチェンズ
Christopher Hitchens crop 2.jpg
2007年当時
職業 ジャーナリスト

クリストファー・ヒッチェンズChristopher Hitchens1949年4月13日 - 2011年12月15日)は、イギリス出身の作家ジャーナリスト[1]

経歴[編集]

イングランドハンプシャーの港湾都市ポーツマスで誕生する。[2]父親エリック・ヒッチェンズは英国海軍の士官、母親イヴォンヌ・ヒックマンはユダヤ人英国海軍婦人部隊 (WRNS)の一員。弟のピーター・ヒッチェンズもジャーナリスト、作家である。ケンブリッジにあるレイズ・スクールに通う、1967年にオックスフォード大学ベリオール・カレッジに入学。1960年代、反戦、反人種差別運動等数多くの政治運動に参加した。1970年にオックスフォードを卒業。以降、ロンドンに居住。1971年にイギリスの雑誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション・サプリメント』 (THES)で社会科学を担当する記者を務めた後、1973年にイギリスの政治誌『ニュー・ステーツマン』の記者になる、またイギリスのタブロイド紙『デイリー・エクスプレス』でも取材、寄稿した。1970代後半にキプロスで外国特派員として赴任、ギリシャ系キプロス人エレニと出会い1981年に結婚、息子アレクサンダーおよび娘ソフィアを儲ける。1981年に米国へと渡航。米国の政治誌『ネーション』、評論誌『アトランティック』、総合情報誌『ヴァニティ・フェア』等、その他数多くの雑誌や新聞に寄稿、批評した。また、『宣教師の立場』、『トマス・ペインの『人間の権利』』等多数の著書を著している。1989年にエレニと離婚。1991年に米国人著作家キャロル・ブルーと再婚し、娘アントニアを儲ける。2007年に米国籍を取得。米国テキサス州ヒューストンでがんによって死去した。

著書[編集]

  • 宣教師の立場 The Missionary Position: Mother Teresa in Theory and Practice (1995)
  • アメリカの陰謀とヘンリー・キッシンジャー 井上泰浩The Trial of Henry Kissinger (2001)
  • トマス・ペインの『人間の権利』 中山元Thomas Paine's "Rights of Man": A Biography (2007)

参照[編集]

  1. ^ Christopher Hitchens
  2. ^ Peter Wilby. “Christopher Hitchens obituary”. The Guardian. 2015年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]