安達征一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安達 征一郎(あだち せいいちろう、1926年7月20日 - 2015年6月1日[1])は、日本小説家、児童文学作家。

鹿児島県奄美大島生まれ。本名、森永勝己[2]。旧制中学校卒。敗戦後、密航で宮崎県の港に入国。海を舞台にした小説、児童文学を著す。1973年「怨の儀式」で直木賞候補、78年『日出づる海 日沈む海』で同候補[3]

著書[編集]

  • 『怨の儀式 安達征一郎作品集』三交社 逝水選書 1974
  • 『島を愛した男』三交社 1975
  • 『日出づる海日沈む海』光風社書店 1978
  • 『祭りの海 長篇小説』海風社 南島叢書 1982
  • 『てまひま船長の宝さがし』吉崎正巳絵 偕成社 子どもの文学 1983
  • 『てまひま船長と十五少女』吉崎正巳絵 偕成社 子どもの文学 1984
  • 『てまひま船長の肝だめし』吉崎正巳絵 偕成社 子どもの文学 1984
  • 『てまひま船長と緑少年隊』吉崎正巳絵 偕成社 子どもの文学 1985
  • 『少年探偵ハヤトとケン』全10巻 偕成社 Kノベルス
1 流人島の悪魔 1988
2 白い別荘の怪事件 1988
3 名探偵vs大奇術師 1989
4 幽霊の復讐 1989
5 少年探偵ハヤトとケン 1989
6 ゴリラの逆襲 1989
7 夜の学校にご用心 1990
8 お父さんは犯人じゃない 1991
9 富士山が消えた 1992
10 空飛ぶ死体 1993
  • 『私本西郷隆盛と千代香 沖永良部島編』海風社 南島叢書 1998
  • 『私本西郷隆盛と千代香 薩長同盟編』海風社 南島叢書 1999
  • 『私本西郷隆盛と千代香 鳥羽伏見の戦さ編』海風社 南島叢書 2001
  • 『私本西郷隆盛と千代香 江戸無血開城編』海風社 南島叢書 2002
  • 『憎しみの海』川村湊編 インパクト出版会 2009
  • 『小さな島の小さな物語』インパクト出版会 2012

[編集]

  1. ^ おくやみ 安達征一郎氏:東京新聞
  2. ^ 『文藝年鑑』2008
  3. ^ 直木賞のすべて