安達千代野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千代能(月岡芳年画/明治時代)

安達 千代野(あだち ちよの、生没年未詳)は、鎌倉時代中期の安達一族の女性。安達泰盛の娘。北条顕時の後室[1]。法名は如大禅師無着。名前は『浅羽本北条氏系図』による。千代能とも。

概略[編集]

父泰盛と安達一族は霜月騒動で滅ぼされ、夫である顕時は騒動に連座して失脚し、下野国に蟄居の身となる。千代野は出家して無学祖元の弟子となり、法名無着と号す。

『仏光国師語録』によれば、「越州太守夫人」(千代野)が無学祖元に対して釈迦像と楞厳経を求めた記録がある。京都松木嶋に資寿院を創建した。南宋時代の初め、無着妙総という尼僧が資寿寺を建てた故事があり、無着や資寿院の名前はこれに因んだとみなされる[2]

顕時と千代野の娘(釈迦堂殿)は足利貞氏の正室となり、嫡子高義を産んでいる。

なお、同じ無学祖元の弟子で、京都景愛寺開山となった無外如大(別号:無着、貞応2年(1223年)-永仁6年(1298年))は、泰盛より出生が早く、顕時より25歳年上で年が吊り合わないため、千代野ではなく上杉氏の関係者で、足利氏との関連から千代野と混同されたものと見られる[3]

鎌倉の海蔵寺の側に、出家した千代野が悟りを開いたという「底脱の井戸」がある。

脚注[編集]

  1. ^ 貞和5年(1349年)6月11日という日付で、夢窓疎石が署名した「資寿院置文」(相国寺慈照院蔵)(山家(1998)p.2)。
  2. ^ 山家(1998)p.2。
  3. ^ 山家(1998)。

参考文献[編集]

  • 山家浩樹 「無外如大と無着」『金沢文庫研究』301号、1998年、pp.1-11
  • 福島金治 『安達泰盛と鎌倉幕府 - 霜月騒動とその周辺』 有隣新書、2006年。

関連項目[編集]