安達保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安達 保(あだち たもつ、1953年10月12日 - )は、日本の実業家。ベネッセホールディングス代表取締役社長。カーライル・ジャパン・エルエルシー シニアアドバイザー。ヤマハ発動機社外取締役。

来歴[編集]

1977年東京大学工学部機械工学科卒業後、三菱商事へ入社。1983年マサチューセッツ工科大学にてMBA取得。帰国後は情報産業本部に移籍し、当時まだベンチャー企業であった第二電電(現KDDI)に出向。

1988年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。マッキンゼー在職中は大前研一平野正雄らと共にハードワークであるコンサルタント業務に従事。コンサルタントとしての特徴的な手腕として、どのような複雑な事象の話し合いでも「必ず何らかの結論を出す人」と評される。主に情報通信、ハイテク産業分野を担当し、パートナーまで登りつめる。

1997年マッキンゼーを退職し、「GEキャピタル・ジャパン」の事業開発本部長を経て、日本リースオートの代表取締役に就任。

2003年から13年間アメリカのプライベートエクイティファンドであるカーライル・グループのマネージング・ディレクター・日本代表を務め、中堅企業を中心に20社以上に投資。企業再建のプロと呼ばれる。

2016年10月1日付で社外取締役を務めてきたベネッセコーポレーション社長に就任[1][2]。在任3か月で社長を退いた福原賢一の後任としてベネッセHDの再建に取り組む。

脚注[編集]

先代:
福原賢一
ベネッセホールディングス社長
第8代:2016年 -
次代:
(現職)